あなたの未来、新生活 New Life
コンテンツ

債務整理

債務整理をしてからローンを組む
債務整理や過払い請求をすると、一定期間はローンを組むことができなくなると言われています。これは信用情報が記録される期間を指します。

信用情報に事故情報として記録された場合には、その情報が消えるまでは新たにローンを組むことはできなくなるのが一般的です。

債務整理をすれば信用情報として登録されるのですが、過払い請求だけでは登録されないこともあります。

また、登録された場合であっても、情報が保存される期間は5年くらいですから、それ以上の期間が空けば新たにローンを組むことができます。信用情報に記録されているかどうかは、個人でも知ることができます。