あなたの未来、新生活 New Life
コンテンツ

オリジナルTシャツはどのように注文するのか

学生であれば、文化祭や学祭などイベントの時に、オリジナルTシャツを作って着用することがあります。また学生に限らず、会社などでもイベントに合わせて作成することがあります。今までは市販の既製品を大量に購入しておそろいで着用することもありましたが、今は割と簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。

わざわざ業者に出向かなくても、WEBで注文をすることができます。使用するTシャツのオンス、つまり生地の厚さからカラー、絵やロゴ、文字などどのように入れるのかをWEBでやりとりできます。費用もそれほど高くないので、何かイベントがあるときはおすすめです。

中途半端なオリジナルTシャツを作らない

意外と起こってしまうのは、中途半端にオリジナルTシャツを作成してしまったために、他の販売店から似ているように言われてしまう場合です。指摘されてしまった場合は、修正が必要となってきますので、オリジナルTシャツとして販売でいない場合もあります。

販売したいと思っているなら、少しでもその状況を理解して行わないと駄目ですし、オリジナルとされる要素をしっかり作り出すようにしてください。どこか似ているような雰囲気があったり、明らかに似すぎているような物を作らないようにして、販売する状況に持っていくように心がけます。

ハンドメイドでオリジナルTシャツを作る

ハンドメイドでオリジナルTシャツを作成したいと思いませんか。身近な材料を使うだけで、自分だけのTシャツを作ることができます。作り方としては、時間も手間もかけたくないと思うのであれば、アクリルクレヨンを使った型抜きの方法があります。

これは、アクリルクレヨンを削って、アイロンで溶かし固めるだけの簡単な方法となります。また、本格的に作りたいのであれば、初期投資は必要ですが、販売しているTシャツと見分けが付かないような品質のシルクスクリーン印刷があります。インクで印刷するので、ハンドメイドと思えない質感です。素敵なデザインを作って、友人に自慢しましょう。

手軽に自作できるオリジナルTシャツは「アイロンプリント」

オリジナルTシャツを作ろうと思ったとき、業者にお願いする方法は本格的で綺麗に仕上がりますが、できれば費用を抑えたいと思っている人におすすめなのが「アイロンプリント」です。ベースになるTシャツがあれば、アイロン専用のプリント用紙を準備して、プリントしたいデザインを選ぶだけです。

選んだデザインをアイロンプリント用紙に印刷して、Tシャツにアイロンをかけて貼り付けます。そうすることにより、印刷したデザインがTシャツの生地にくっついてオリジナルTシャツが完成します。プリント用紙を選ぶ際には、その種類を確認して印刷しましょう。

オリジナルTシャツを作れない現状

なかなか作ることができない場合は、何らかの問題を抱えている場合が多いです。多くのケースでは、プリントしたいと思っているものが社会的に問題となっていて、作成できない状況となっているのです。オリジナルTシャツの場合は、なんでも印刷していいとされていますが、あまりに問題のあるものは会社が止めてしまいます。

プリントを担当している会社としても、将来的に問題となることを避けたいと思っていますから、オリジナルTシャツでもあまりいいものじゃないなら作ってくれます。いいものを作ってくれるならいいですが、悪いものは作らない主義でもあります。

オリジナルTシャツ作成を楽しもう