あなたの未来、新生活 New Life
コンテンツ

炭酸水素塩泉の温泉

泉質も様々ありますが、日本では塩化物泉の温泉がポピュラーです。浴用では、保温効果が高く、関節痛や筋肉痛などの症状を和らげ、飲用では胃腸病に効果があると言われています。

炭酸水素塩泉の温泉は、美人の湯と言われるところが多く、皮膚の角質を柔らかくして、脂肪分や分泌物を洗い流し、しっとりとした肌になることや冷え性に効果があると言われています。

空腹時や食事直後に温泉へ入浴すると、貧血や消化不良を招きやすいので避けたほうがよいでしょう。

また、飲酒後の入浴は事故の元なのでやめましょう。温泉療法で望ましい入浴時間は、熱めの湯なら10分、ぬるめの湯なら20分〜30分ぐらいが良いでしょう。体調に合わせた入浴が大事でしょう。